「個人情報」と「プライバシー」の違いとは?

Pocket

「個人情報保護法」と「プライバシーマーク制度」。
どちらも個人情報が漏洩しないように守るためのものですが、では、「個人情報」と「プライバシー」の違いは何なのでしょうか。
似たような意味合いで使用される2つの言葉ですが、厳密にいえば意味は異なります。
前述したように、個人情報とは、個人の氏名や生年月日などの個人を特定できる情報のことをいいます。
一方、プライバシーとは、個人や家庭内の私事・私生活または個人の秘密などのことをいい、また、そうしたものが他人から干渉・侵害などを受けない権利のことをいいます。
個人情報保護法やJIS Q 15001の定めた個人情報保護についての規格は、企業や団体などの事業者が「個人情報」を適切に取り扱う方法を規定したもので、「プライバシー」の保護を直接の目的とはしていません。
ただし、このような法律や規格が守られることで、結果的にはプライバシーも保護されるようになっていくのです。
PマークをPマークコンサルタントのサポートを受けつつも取得して運用することで、企業は消費者の個人情報を守るだけではなく、その先のプライバシーまでをも守るのだという意識を高めてもらいたいものです。

Comments are closed.